アルコールを含んだボディーシートは脇のニオイを抑えるの詳細

> アルコールを含んだボディーシートは脇のニオイを抑える

アルコールを含んだボディーシートは脇のニオイを抑える

私は新しい仕事に就いてから、仕事中に突然脇に汗をかいて、自分でも分かるくらいにニオイが広がるという経験を繰り返しました。多くの場合、自分のニオイには鈍感なはずですから、自分でも感じるということは、周囲の人にはもっと強烈なニオイを感じさせているということでしょう。もちろん、周囲の人への迷惑もそうですし、自分自身の周囲からの印象のためにも、何とか対策をしないといけないと考え、まずはどのような状況のときに、脇汗&ニオイが発生するのか自分の行動を振り返ってみました。

すると仕事上で、何か新しいことをやったり、時間に追われてかなり焦っている状態。つまり何らかのストレスを感じている時に、ニオイのする脇汗をかくことが分かってきました。職場環境が変わり、新しい人間関係や新しい仕事内容のなかで生活し、知らず知らずのうちにストレスを感じていたのだと思います。その証拠に、以前の仕事では全く脇汗やニオイが気になるなんて経験はありませんでした。とはいえ、仕事をしていく上でストレスを感じなくしたりゼロにするなんてことは無理難題です。ましてや、これが理由で転職するなんていうのも、本末転倒な話です。

そこで、時間に追われそうになったり、何か新しいことに手をつけることになったときには、一度トイレにいって、ボディーシートでしっかりと脇を拭くことをはじめました。初めてボディーシートを使ったので、最初のうちは色々な商品を試して見ましたが、いい香りでニオイを抑え付けるタイプよりは、アルコールを含んだ消毒効果のあるもののほうが、ニオイを発生させないことも、体験から分かってきました。

さらに「ストレスを感じて脇汗をかくと、ニオイが発生して周囲に迷惑をかける・・・」という自覚が、これまたストレスになっていたのでしょう。何かあってもボディーシートで拭けば万事解決できると思っていると、不思議とストレスを感じるような場面でも脇汗もかかず、ニオイも発生しないようになりました。
自分にとって脇汗やニオイ対策は、発声元となるストレスを取り去ること。ボディーシートはそのためのお守りのような存在です。