ワキのニオイには自作のミョウバンスプレーを使用の詳細

> ワキのニオイには自作のミョウバンスプレーを使用

ワキのニオイには自作のミョウバンスプレーを使用

汗っかきなので脇汗を止める方法はなく、特に対策はしていませんが、ニオイに関しては対策をしています。今は禁煙しましたが以前たばこを吸っていたときがあって、そのときは体中の汗からたばこを吸っている人特有のニオイが発生していて、ワキのニオイも強くなっていました。

最近では手軽なワキのニオイ対策だけでほとんど気にならなくなりました。ニオイが自分でも気になっていたときには、市販のワキのニオイ用のものをいろいろ試しました。ネットで効果が高いという評判のものや、本で調べていろんなことをやってみました。しばらくは朝起きてからのシャワーと、汗をかいたらこまめにふくこと、ロールタイプの制汗剤を使うことで効果に満足していました。

ただ、お金がかかることと、かかったお金分の効果がなかったので他の方法を探していたところ、ニオイ対策には自作のミョウバンスプレーが安くしかも効果が高いことを本で知って、それからはもう何年もミョウバンスプレーを使っています。ミョウバンスプレーの作り方はすごく簡単で、水にスーパーなどで売っている漬物用のミョウバンを溶かすだけの本当に簡単なものです。正確には水何グラムに対してミョウバン何グラムといった配分があるのですが、私は適当に水にミョウバンを入れて使っています。100円ショップで買った容器にこれを入れて冷蔵庫に入れておいて、使う分は小さいスプレーに移して使います。

ミョウバンスプレーを使いながら、起きたらシャワーと、あとはお酢も使っています。お酢には強い殺菌作用があって、ニオイの原因である雑菌を退治してくれるのでニオイ対策としても優秀です。湯船に少し入れたり、朝シャワーを浴びたらワキにお酢をつけています。その後ミョウバンスプレーです。ミョウバン自体はニオイがありませんが、お酢はニオイと刺激も強いので使うには注意が必要です。私はミョウバンスプレーとシャワーとお酢に、ワキのニオイ対策は落ち着いています。