脇の臭いの対策に制汗剤と脇毛を剃ることが大事の詳細

> 脇の臭いの対策に制汗剤と脇毛を剃ることが大事

脇の臭いの対策に制汗剤と脇毛を剃ることが大事

夏場に気になる脇の汗、臭いですが、あまりひどいと気にしすぎて外出するのも恐怖症になる方もいます。特に電車や人の多いところに行くときには気になりますよね。最近では色々な制汗剤や対策がありますが、制汗剤の香料のあるものは、臭いが混じってしまい、さらに変な臭いとなるため、余計に気にしてしまうことがあるのではないでしょうか。

まず脇の汗、臭いについては物に頼らず抑えることが可能なため、そこから実践してみるのがいいかと思います。まず脇汗には二種類の汗が存在し、一つがエクリン汗腺、もう一つがアポクリン汗腺となります。エクリン汗腺は99%が水分で、後は塩化ナトリウムなどの塩分のため、無臭となり、脇汗の原因とはなりません。

もう一つのアポクリン汗腺ですが、こちらの汗が脇汗の臭いとなるものです。このアポクリン汗腺は脂質や糖質などが含まれており、細菌が付きやすくその細菌が分解する際に強い腐敗臭となり、臭いの原因となります。表面的な対策では、この細菌の繁殖をさけるべく努力が必用となります。まずは常に清潔にしておくこと。汗をかいてから制汗剤をつけるのではなく、汗をかく前に制汗剤をつけ、汗をかいた時には、すぐ拭き、制汗剤をつける。

この繰り返しでだいぶ和らげることが可能となります。もう一つはわき毛をそることも重要です。わき毛が多いことで、臭いの発生量も変わってきます。剃ることにより、通気性もよくなり、細菌の繁殖しやすい環境をなくすということも重要です。内面的な部分ですと、食事で抑えるということです。動物性たんぱく質や、脂質がアポクリン汗腺の活動を活発化させるため、なるべく控えた方がいいかと思います。合わせてアルコール類も、同じ作用があるため、控えることにより、臭いを軽減することが可能です。

このアポクリン汗腺はじめっとした汗で、緊張したときなどに発生しやすくなります。脇汗を止める方法として、運動を定期的に起こない、常に汗を書ける習慣をつけることでも軽減が可能となります。常に食生活、運動を考え、健康的な体を維持しつつ、体質改善に努めましょう。