私のワキガ対策は毎日の入浴と脇毛処理ですの詳細

> 私のワキガ対策は毎日の入浴と脇毛処理です

私のワキガ対策は毎日の入浴と脇毛処理です

今から40数年前、当時中学生になったばかりの私は、自分がワキガであることを知りました。それは、教室で体育の授業に備えて着替えを行っているときに、まわりの人たちから『くせぇ〜』と言われたことがきっかけでした。

帰宅後、母にそのことを話すと、母は、父がワキガで、多分のそれが遺伝しているんだろうということでした。父は、若い頃に手術によって対策したようでしたが、その手術の時の痛さについて、酷い傷跡を見せながら話してくれましたので、私は、怖くて、とても手術によって対策しようとは思いませんでした。

その後、母が買ってきたワキガ対策の塗り薬を塗り始め、加えて、母が気を使ってくれて、それまで1日から2日おきに風呂に入っていたのを、毎日入るようにしました。当時は、一般的にも毎日入浴する習慣はなかったように思います。風呂に毎日入るようになってからは、徐々にワキガ対策の塗り薬は塗らなくなりました。

それでも、大人になりつつあるなかで、私も女性とお付き合いするようになってからは、改めて自分の体臭を気にするようになっていきました。最初は、オーデコロンをつけていましたが、当時付き合っていた女性が、そういった香りを嫌がる人でしたので、消臭スプレーを使うようになりました。

ただ、私自身、皮膚があまり強い方ではありませんでしたので、当時の消臭スプレーではかゆくなったり、湿疹ができたりして、結局は、次第に使わなくなりました。その後は、毎日入浴することは当然でしたが、加えて、人と会ったりする時だけ、消臭スプレー使うようにしていました。

結婚後、初めて、他人と一緒に過ごすようになって、また、この体臭問題を気にするようになり、何か対策は無いものかと思い、改めて手術も考えましたが、昔聞いた父の言葉やその手術痕の醜さを思い出し、踏み切ることはできませんでした。

そのうち、何かの情報(多分、テレビか、新聞記事だと思いますが)、脇毛を剃ると、完全ではないが匂いは低減できることを紹介していました。早速、ひげそり用の安全剃刀で剃って様子と見たところ、確かにワキガによる匂いは低減されているようでした。これは、家人も同様の感想でしたので確かだと思います。それ以後、30年以上、私は、入浴の際に髭を剃るのと併せて、脇毛を剃るようにしています。脇汗をかくことも臭いの原因になりますので脇汗を止める方法も実践しています。