ワキの臭いはお風呂での脇の洗い方がとても重要の詳細

> ワキの臭いはお風呂での脇の洗い方がとても重要

ワキの臭いはお風呂での脇の洗い方がとても重要

脇汗には綿素材の服や、下着を着るようにし汗を吸い取り外へ逃がすように心がけています。化繊でできた服は、どうしても汗をかいてときにこもりやすく、汗も吸い取られないので、ニオイの原因になると思います。また脇のニオイを軽減させるのには、毎日のお風呂での洗い方がとても重要だと感じています。

ついつい清潔にしなくてはと考えて、ボディシャンプーでゴシゴシと洗ってしまいますが、実はこの行動こそが脇のニオイの原因になっているかもしれないのです。そもそも脇のニオイの原因は、汗と雑菌や脇から分泌される皮脂などが原因となっています。また皮膚を守る常在菌も一緒に洗い流してしまうため、悪循環が起こります。

この常在菌が減り、雑菌が洗い残しの石鹸などを餌に増えてしまうと、しっかりと洗っているのに、かえってニオイが強くなることになるのです。また、ゴシゴシと強く洗いすぎると、皮膚を保護しようと体が皮脂を分泌します。皮脂は皮膚が乾燥したり、傷つけられると、皮膚を守ろうとより多く分泌されるようになるのですが、皮脂が増えることによって、またこれもニオイの元となってしまうのです。

汗やニオイ対策には、やさしく洗って、しっかりと流すことが鉄則です。また硬いナイロンの素材のもので洗うのではなく、綿のタオルなどを使うと皮膚を傷つける心配がなくより効果的です。また脇の下は石鹸を細かく泡立てて、その泡を脇に乗せるようにやさしく塗り、その後シャワーでしっかりと洗い流すぐらいが丁度いいでしょう。

そして石鹸カスが残っていると黄色ブドウ球菌や真菌などの菌の餌になってしまいます。シャワーの水圧だけでなく、手のひらを使いながら、脇の下の石鹸をやさしく洗い流すように心がけましょう。このように特別なことではなく、毎日のちょっとした積み重ねで、脇の汗やニオイの対策をすることができます。洗いすぎが実はニオイの元になるということを忘れないように、しっかりケアをしていきたいと思います。