季節によって制汗スプレーとシートを使い分けてニオイ対策の詳細

> 季節によって制汗スプレーとシートを使い分けてニオイ対策

季節によって制汗スプレーとシートを使い分けてニオイ対策

ニオイ対策は季節によって方法が変わります。夏は制汗スプレー一本です。半そでを着ていてスプレーをワキにかけやすいから、ニオイが気になった時につけてます。小型タイプのスプレーも販売されているため、持ち運びがしやすく、脇汗をかきやすい私にぴったりです。スプレーなのでアイテムを肌に直接つけることもなく、衛生面でも優秀。友人に借りても問題ありません。

制汗スプレーなので、汗そのものを撃退するのに便利です。私は汗っかきで、ニオイだけでなく汗染みも気になりますから、いつもスプレーを吹きかけて汗を引かせてます。香りを楽しめるのも制汗スプレーのいいところ。汗のニオイを防ぐだけでなく、良い香りをつけることができるのは制汗剤ならではだと思ってます。

冬のワキのニオイ対策は制汗シート。こすっただけで肌がさらさらになり、さらに香りをつけることができるから助かってます。冬なので汗をかきにくくなるため、ニオイにそんなに敏感になることがないから、シートタイプで十分なのです。冷たくて使ってられないと思われるかもしれませんが、ワキだけなので大丈夫です。シートが乾いた状態で使ってもほのかな香りがワキについてくれるのがいいですね。もししばらく使っていないシートがカラカラに乾いていたら、私は冬にニオイ対策として使います。

制汗剤以外のニオイ対策ももちろんあります。一般的な香水です。香水は香りアイテムとして常識ですが、私は香りを楽しむというよりも、ワキのニオイをごまかすために使ってます。もともと香水の香りが得意ではなく、量も一滴二滴と少なくつけるため、まさにニオイ対策と言った感じで使います。比較的香りの弱い香水を使えば、私としてもつけやすく、量の減りも遅いため、コスパも良くなります。全身の中でも特にニオイが気になるワキは、とにかく良い香りでごまかす。私はそう決めていつも商品を買ってます。季節ごとに対策を変えるのも、ニオイに敏感な私だからこそと思ってます。